草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーション

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーション

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションの診療時間は(月~金)9:00~13:00 15:00~18:30 土曜は9:00~13:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションの電話番号048-927-4976

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションは東武スカイツリーライン「谷塚」駅より徒歩4分

骨密度測定検査

当クリニックでは骨密度検査を実施しております。骨密度検査は保険適応の検査となります。

ご自身の骨密度はしっかり把握しましょう

自覚することはないのですが、骨は常に新しい骨へと作り替えられています。

しかし、古い骨が壊れていくのと新しい骨のできるバランスが崩れていくと、骨粗しょう症のように骨がスカスカの状態になり弱ってしまいます。

このバランスの崩れは年を重ねることによるものが多く、それゆえ高齢者には骨粗しょう症の方が多い傾向です。

女性は特に注意

女性ホルモンが骨の代謝に影響しているため、閉経によって女性ホルモンが減少することで骨粗しょう症を発症しやすくなります。

これは閉経後骨粗鬆症ともいわれ、50代中盤以降の女性は一度は骨密度測定検査を受けておく方が良いでしょう。

ケガや病気をする前に、将来の予防のために

骨の弱った状態を放置しておくと、骨折しやすくなったり、腰痛・背部痛の原因になったりします。

骨は事前に危険信号を出すことがなく、ささいなことでの骨折から、初めて骨が弱っていたことに気づく場合がほとんどです。

ご自身の骨密度をしっかりと知っておくことは、骨から全身の健康状態を知ることになり、将来の病気の予防にとても大切なのです。

60歳以上のご家族を持つ方へ

60代のうち5人に1人、70代のうち3人に1人が骨粗鬆症と言われています。

骨がもろくなり骨折しやすくなると、健康な生活を送ることが難しくなります。骨折してしまう部位によりますが、生活の質(QOL)の悪化は避けられません。

最悪の場合、要介護となってしまうこともありますので、寝たきりなどになる前に、定期的に骨密度を測定し健康状態を把握するようにしましょう。

骨粗鬆症セルフチェック

自宅で簡単にセルフチェックしてみましょう。

まずはかかと、おしり、背中を壁につけてまっすぐ立ちます。以下の2項目をチェックしましょう。

  • 1. 後頭部が壁につきますか?
    壁に後頭部が付かない場合には、要注意です。骨粗鬆症による背骨の骨折で、背中が曲がってしまっているかもしれません。
  • 2. 身長が2cm以上低下していませんか?
    身長の低下は骨粗鬆症の恐れがあります。25歳のころの身長から4cm以上低下している場合には、背骨骨折の恐れが2倍以上になるとされています。

検査のご案内

骨密度の検査とは、骨の中にあるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量を計測するものです。

当院で使用する機器(GE製のPRODIGYシリーズ)は精度が高く誤差も少ないDXA法による検査が可能です。

測定にかかる時間は10分程度で、患者様には横になっていただくだけで検査ができます。

負担が少なく、短時間で済むというのも特徴になっています。

健康診断で骨密度検査を受けている方も

健康診断や人間ドックでも骨密度検査を受けている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、健康診断では超音波測定法、MD(エムディ)法というものであり、あくまで簡単な測定です。

当院のDXA法はそれらより精密な検査が可能です。

より正確な測定を行うことをお勧めしていますので、健康診断で骨密度検査を受けている方も、改めて受けてみましょう。

定期的な骨密度検査を受けましょう

検査の結果、骨密度が低くなり骨が弱っていたと分かったら、これ以上の低下を防いでいくための治療を始めましょう。

また、骨密度に問題がなかったから、それでいいというわけではありません。

骨が弱っていない方も、予防につとめることが大切です。

また定期的に骨密度の検査をうけ、その時の骨の健康をチェックするようにしましょう。

腰痛や関節痛などの症状が既にある方、そして特に自覚症状がないという方でも、ご自身の骨の健康状態のために一度骨密度検査を受けてみるようにしましょう。

けやき整形外科リハビリテーションではこちらから問診票をダウンロードいただけます

コラム
徒手整復
骨密度検査のご案内
ストレートネック(スマホ首)
寝違え
頚椎症
五十肩
肩腱板損傷
石灰沈着性腱板炎
上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
ギックリ腰
腰椎椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
ばね指
変形性膝関節症
骨粗鬆症

このページの先頭へ戻る