草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーション|肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーション

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションの診療時間は(月~金)9:00~13:00 15:00~18:30 土曜は9:00~13:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションの電話番号048-927-4976

草加市谷塚の整形外科 リハビリテーション科 けやき整形外科リハビリテーションは東武スカイツリーライン「谷塚」駅より徒歩4分

五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩は肩関節の周りの炎症で生じる疾患の総称です。

症状

肩関節だけでなく腕まで痛み、動きが悪くなります(運動制限)。

ただし、肩や腕の痛みというのは、いろいろな疾病でも生じるものですから、注目すべきなのは、腕の運動制限の有無です。

病態と原因

中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

男女や運動習慣のあるなしには差が見られませんが、普段から猫背の人はリスクが高まるとされています。

姿勢が悪いと、体のゆがみが生じやすく、肩関節や筋肉の硬直や負担が大きくなりがちだからです。

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

また、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化が原因となる場合もあるとされています。

診断

圧痛の部位や動きの状態などをみて診断します。

肩関節におこる痛みには、いわゆる五十肩である肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症のほかに、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性鍵盤炎、肩腱板断裂等があります。

これらは、X線(レントゲン)撮影、MRI等で区別します。

予防と治療

痛みが強い急性期には、三角巾等で安静を計り、消炎鎮痛剤の内服、注射などが有効です。

急性期を過ぎたら、運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)等のリハビリを行います。

痛みが引いてから大事な時期です。

無理のない範囲で毎日ストレッチをし、可動範囲を広げ症状を改善しましょう。

また、再び症状を悪化させないように、姿勢や食生活、生活習慣の改善にも取り組んでいきましょう。

けやき整形外科リハビリテーションではこちらから問診票をダウンロードいただけます

コラム
徒手整復
寝違え
五十肩
肩腱板損傷
石灰沈着性腱板炎
上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
ギックリ腰
変形性膝関節症
骨粗鬆症

このページの先頭へ戻る